参議院事務局職員

参議院事務局職員について

参議院事務局職員というお仕事がありますよね。
日本の国会は衆議院と参議院にわかれていて、それぞれが意見交換をするなどして法律を決めていきます。
それだけでなく、衆議院のみ・参議院のみでもお仕事があり、日本という国のために何ができるのか?を常に考えています。
そんな参議院で働くお仕事のひとつが参議院事務局職員です。
国会とは、国会議員だけで動かすものではありません。
参議院事務局職員がいて、その人がしっかりと国会議員のフォロー行っているからこそ、実現をすることが可能になります。国会の細かいところで参議院事務局職員は活躍していますよ。

参議院事務局職員として働くということは、ある意味で「日本の将来をつくる一端を担う」ということになりますので、「とにかく国のために働きたい、そのために行動をしたい」という人にオススメです。
日本に職業はたくさんありますが、参議院事務局職員のように「国を支える仕事」をすることができる人は本当に一握りではないでしょうか。一握りだからこそ参議院事務局職員の様な仕事をされるのは難しいと思いますが、やりがいはあります。
坂本龍馬ではありませんが「今一度日本を洗濯いたしたく候」と考えている人に、参議院事務局職員ちうお仕事はオススメだと思いますよ。ぜひ、参議院事務局職員を目指してみて下さい。

参議院事務局職員になるには

参議院事務局職員になるには、まず国家公務員になるための試験に合格をしなければなりません。
日本という国家のために働く仕事ですから、もちろん参議院事務局職員になるための試験はハードルが高いです。しかし、それだけ高いハードルの仕事をするのだと考えれば、この難易度の高さも納得です。
まず生半可な勉強絵は合格をすることができませんので、しっかりとそのあたりを考えることをお勧めします。

大変だけどやりがいがある

参議院事務局職員の様に、国のために働く国家公務員は非常に激務です。
繁盛期には寝る時間を削って仕事をしなければならないこともあるほどです。
それでも、国家のために国民のために働いているという実感を得ることができる仕事としては、参議院事務局職員は非常に適切なものなのではないかと思います。
ぜひ、「国のために働きたい」と考えている人に参議院事務局職員のお仕事をお勧めします。
年齢制限がありますので、それまでに合格をすることができるように努力されてみてください。

とりあえず、政治について学んでみる

参議院事務局職員は日本の政治を動かす存在ですから、やはり「政治」について学んでおくのは大切です。
はっきりいって、現場に入れば政治について学べる機会はたくさんあります。
でも、事前に「どういった世界で働くことになるのか」というイメージを膨らませるために政治をしっかりまなんでいくことは大事かもしれません。
そこで、オススメしたいのが「渕元哲の政治学まるごと講座生中継」という本。
この本はもともとテキストなのですが、講義をそのまま本にしたようなものなので、よく頭に入ってくるとおもいます。政治について学びたいという人にオススメです。

Comments are closed.