労働基準監督官

働く人の権利を守る「労働基準監督官」という仕事

日本では、企業で多くの人が働いています。
その働く人の権利を守るために、日本には「労働基準法」という法律がありますよね。
皆さんは、この労働基準法についてご存知ですか?労働基準法は、働く人の権利をしっかりと守ることができるように定められたものです。
企業が人を雇う時は、この労働基準法を順守して働いてもらう必要があるのです。
労働基準監督官は、その労働基準法がしっかりと守られているかをチェックする人だと考えて下さい。
あまり考えたくないですが、企業のなかには「ブラック企業」といって、ありえない待遇の悪さで人を雇っているところがあります。
ハードワークなのにお給料が安いとか、休みをろくにとらせないとか、その問題は本当に大きなものになっていますよね。そんな企業に対してチェックを行い、ルールを守る様にさせるということは大切な仕事です。
働く人の環境と待遇をしっかり守る。
そのために、労働基準監督官がいるということでしょう。
日本の企業がクリーンであるということは、世界からの信頼にも値します。
そのような信頼を守ることができるのかどうか、それも労働基準監督官がきちんと監督を行っているかどうかにかかっています。企業の待遇というのは、時に人の命や人生さえさゆうすることになりますので、その人の権利がきちんと守られているかどうかをチェックするために労働基準監督官があるのです。

労働基準監督官になるには

では、労働基準監督官になるにはどうしたらいいのでしょう。
労働基準監督官になるには、国が実施している一次試験と二次試験を受けて合格する必要があります。
ここで合格をすることができなければ労働基準監督官にはなれません。
一次試験は「基礎能力試験」「専門試験A」「専門試験B」に分けられていて、かなりの難題となっているようです。特に専門試験に関しては、きちんと勉強をしていないとまずとくことができません。
ハードルはかなり高い試験と考えて良いでしょう。
ただ、そうはいっても労働基準監督官はとてもやりがいがある仕事ですし、ある意味で人を守る仕事でもありますので、労働基準監督官の仕事を目指すという気持ちは尊いものです。
合格ができるように、努力をしてみてほしいと思います。労働基準監督官になることで、きっと得るものは大きいと思いますし、また一生をかけてやりたいと思える仕事だと思いますよ。

Comments are closed.