海上保安官

海上保安官になるためのルート

海上保安官とは、日本周辺を取り囲む海の安全を守るための仕事を担うものです。

実際の仕事では巡視船や航空機を使って日本の海域をパトロールし、異常はないかを日々確認していきます。

組織は国土交通省の管轄になりますが、外局となっている海上保安庁という専門の業務を担当する場所に属します。

海上保安官になるためには専門の試験を受けて採用をされる必要があり、高校・大学などを卒業してから海上保安学校に入学し必要な課程を経てから勤務となります。

海上保安学校には4年課程の本科と、6ヶ月の専攻科、さらに6ヶ月の研修科国際業務課程とがあり、それぞれ学歴などに応じて学習をしていきます。

海上保安学校はいずれも採用試験後に入学するため授業料が徴収されることはなく、代わりに国家公務員としての給与を受け取りながら学習していきます。

海上保安官としての適正とは

海上保安官として実際に勤務をする場合には、まず最初に巡視船での巡回業務から入ります。

海上巡視船での業務はかなり体力的にも厳しいものであるため、基礎体力が備わっているとともに長い航海に耐えることができるような精神力も求められます。

さらに近年では日本の領海内に不審な外国船が入り込むような事例も多く報告されていることから、常に危険が隣り合わせになっているという状況もあります。

自分たちがしっかりと日本の領海を守るのだという気持ちがなければなかなか長く続けていくことができない仕事であると言えます。

給与面としては他の国家公務員に比較して高めに設定されていますが、そうした体力面や精神面でかなり大きな適正が必要となっています。

今後の展望

日本の領海侵犯がたびたび侵されるようになってきている現状から考えると、今後はより海上保安官の責任や業務は増えていくことが予想されます。

日本は軍隊の国であることから、仮に武装した領海侵犯船が見られても攻撃により排除をすることができません。

そのため海上保安官はいかに武力ではない方法でそうした船に対処していくかということが課題となります。

Comments are closed.