国税専門官

国税専門官のお仕事を知っていますか?

日本という国は、私たちが支払う「税金」によって運営されています。
そんな税金を扱う仕事のひとつが国税専門官。
皆さんは、この国税専門官というお仕事についてご存知ですか?
税金には、本当にいろいろな人が関わっています。私たちの国は税金によって運営されていることが解るからこそ、私たちは税金についてもっといろいろなことを知らなくてはなりません。そんな税金を扱う国税専門官について、お話をしたいと思います。

国税専門官とは、税金のスペシャリスト

国税専門官の仕事の一つに、「税金の調査」があります。
自営業や個人事業主の場合、確定申告を通して支払金額が決まります。
この時、自営業や個人事業主は収入から経費を引いた額を申請し、どのくらいの納税が必要なのかがきめられます。この申請がきちんとしたものであるように、時に国税専門官が個人や企業を訪問して調査をします。
残念ながら、世の中には「脱税」をして、税金の支払いを減らしてやろうと考える輩もいます。
この様な不正を見逃すことがないように、国税専門官はしっかりと「税金の申請が正しいのかどうか」を調査しているのです。
納税は国民の義務であり、その義務が間違ったものになってはいけません。
だからこそ、国税専門官がきちんと調査をしてきちんと支払いが行われているのかを見ているのです。

国税専門官になるには

この様に重要な仕事をこなす国税専門官ですから、簡単になることはできません。
国税専門官になるには、まず試験を受けて合格をする必要があります。国税専門官に限らず、公務員になるとすればやはり「試験を受ける」というのはさけて通れませんよね。
その上で、国税専門官になるには年齢制限があります。30歳くらいまでに合格をすることができなければ、国税専門官になることはできませんので、目指すのであればこの間に合格をする必要があります。
大学の専攻はとくに問われませんが、仕事内容から法学部を専攻した人が多いと言われているそう。
つまり、その程度の知識がある人でなければ試験に受かることは難しいということですね。
やはり国税専門官は専門性が問われる仕事ですので、その点をクリアできるような人でなければ難しいのかもしれません。
国税専門官は税金のスペシャリストですので、日本の移り行く税金制度についてもしっかりと学ばなければなりませんし、その時にきちんと対応をしていかなければなりません。

国税専門官が暴く税務署の裏側

そんな国税専門官の方が執筆されたのがこちらの本。
「元国税専門官が暴く税務署の裏側」という著書です。
私たちにとって身近なところにある「税務署」ですが、その内部について詳しく国税専門官が告白しています。
税に関しては国民が知らないこともたくさんあるのですが、この内容に関しては「税務署が税金を無駄にしている」というショッキングな内容となっており、国税専門官を目指す人にとっては非常に驚きの本かもしれません。
でも、実際にこの様なことがあるために、税金に関しては批判も多いのです。
実際に国税専門官として働いている人が執筆された本ですので、税務署の現実がよく解るのではないかと思いますよ。今後、国税専門官を目指す人に読んでほしい本です。

Comments are closed.