海上保安庁

海の安全と秩序を守る「海上保安庁」

f15d310ad519b2c597e9ec1afb2da902_s私たちの周囲にいる「安全を守るための公務員」といえば、警察官でしょう。
警察官と言えば、近くに警察署や交番などがあり、私たちの安全のためにしっかりと働いてくれています。この様な警察官がいるからこそ、私たちは本当に安心して生活をすることができるでしょう。
その安全の中でも、「海の安全」を守っているのが「海上保安庁」です。
危険というのは日本のあらゆるところで起きる可能性があるもの。
それは、海だって空だって同じですよね。最近は周辺諸国と領土問題で争っている日本なので、やはり危険が迫っていると考えざるを得ないでしょう。
また、陸地で事故が起きるのと同じで、海や空でも事故は起きるでしょう。
だからこそ、私たちの安全のために「海上保安庁」があるのです。海上保安庁が、私たちのためにしっかりと安全を守ってくれるからこそ、海の安全は守られているということですね。

海上保安庁の仕事内容

ここで、あまり知られていない海上保安庁の仕事内容についてお話をしてみましょう。
まず、海上保安庁のお仕事としては「沿岸の安全を守る」というものがあります。
海ではマリンスポーツを楽しんでいる人や、沿岸で砂遊びをしている人がたくさんいますよね。安全に遊んでいるつもりでも、いつどこで事故や事件に巻き込まれてしまうかわかりません。
だからこそ、海上保安庁が注意喚起を行い「事故にあわないように」という呼びかけを行っています。
どんな人でもいつでも解りやすいように、海の危険を教えるということ。
それが、海上保安庁の大きな役割のひとつとなっています。
他にも、領海の問題や水路の確保など、海上保安庁では本当に多くの仕事をしています。
すべては日本の国民が安心して生活をすることができるように。そのために働いています。

海上保安庁について知りたい

とはいえ、これだけでは海上保安庁のお仕事について伝わりにくいでしょう。
もしもっと詳しく海上保安庁の仕事内容について知りたいと思うなら、本を読んでみるというのも手です。
>>>海上保安庁 装備のすべて

この本では、海上保安庁が所有している装備について解説を行っています。
海上保安庁と言えば、国を守るための機関ですから多くの武器を所有しているでしょう。この様な実態を知りたいと考えている人に、この本はおすすめではないかと思います。
とくにこの本は、私たちが観たこともない武器についても言及していますので、「海上保安庁について深く掘り下げたい」と考えている人にオススメ。
アマゾンでの評価もいいですし、何より「武器がどう使用されているかを見ることで、それを使用する人がどの様な作業をしているのかがみえてくる」のがいいです。
海上保安庁が守るのは、私たちが住んでいる国土の12倍もある海。その現実について、この本で掘り下げてみてほしいと思います。

この様な本を読むことで、海上自衛隊の実態が本当によくわかるでしょう。オススメです。
海上保安庁の仕事は非常に尊い仕事になりますので、職員になるにはそれなりに覚悟が必要になるでしょう。
本当に大変な仕事になりますので、挑戦には覚悟が必要です。

Comments are closed.