入国警備官

入国警備官になるためのルート

入国警備官とは、海外から日本に入国する人たちをチェックし国内の安全を守るための業務をしていく仕事です。

近年では政府の方針として海外からの旅行者を多く受け入れるためのビザ要件の緩和や留学生の積極的な受け入れなどを行っているため、入国警備官の業務もまた大幅に増加する傾向にあります。

一方で不法に入国する移民なども後を絶たず、国内で違法行為や治安を脅かす行為のために入国することもよくあります。

そのため入国警備官として採用されるためには日本の国籍を有し、さらに過去に犯罪歴がないなどの厳しい条件が課されます。

試験は「警備官」と「警備官(社会人)」の二種類となっており、通常の試験では中卒~高卒程度の学歴がある人を多く採用します。

入国警備官としての適正とは

入国警備官の仕事は大きく4つあり「違反調査」「摘発」「収容」「送還」となります。

勤務先となるのは全国にある「地方入国管理センター」およびその出張所や支局で、入国の際に提出される書類を細かく調べたり、荷物の中に裁判所から押収や操作の対象となっているものが加わっていないかといったことを調べていきます。

もし違法な人や荷物が発見された場合にはそれらを収容し手続きに従って処分していきます。

違反が重大と認められた場合には入管法違反として強制退去などの命令を出します。

入国警備官として仕事をしていくためには、そうした違反行為を見逃さないという強い意志を持つとともに方に基づく適切は処理をしていくという姿勢が求められます。

多くの人と接する機会もあるためコミュニケーション能力も必要になりますし、外国語などの力も多くの場面で求められます。

今後の展望

世界一治安のよい国と言われている日本ですが、その理由の一つが厳しい入国制限にあります。

しかしグローバル化が進み、ビジネスや観光、留学と言った目的で日本に出入りする人の数が増えてきたことでこれまでにはない不安も生じるようになってきました。

入国警備官は今後より組織を拡大するなどそうした入出国者数の増加に対応する必要のある仕事です。

Comments are closed.