保育士

保育士になるためのルート

保育の仕事は女性を中心に大変人気のある職種ですが、中でも公務員として採用される保育士の仕事は職場環境も安定しており、信頼性の高い場所となっています。

保育士として勤務をするためには事前に国家資格である「保育士免許」に合格・登録をし、その後で就職のための採用試験を受けることになります。

現在保育園として運営されている施設は「公立保育園・保育所」と「私立保育園」とがあり、どちらに勤務をするかによってかなり就業環境も変わってきます。

公立の保育園の場合、そこに勤務する人の立場は地方公務員という扱いになることから、採用試験は管轄する地方自治体によって行われます。

採用試験の内容や時期についてはそれぞれの地域によって変わるため、勤務を希望する場所ごとにきちんと調べておくようにしましょう。

公務員という立場となる保育士は給与や待遇はその自治体の公務員規定によって決まります。

私立の保育園の場合には施設ごとに給与や待遇、昇進の条件などが独自に定められるので、そのあたりの違いは予め理解しておいてください。

保育士としての適正とは

公務員として採用試験を受けた保育士であっても、すぐに施設に勤務をすることができるというわけではありません。

そこが少し特殊なところですが、採用試験を受けて合格をした保育士の中からその時期に人員の不足などがある自治体内の施設からの申し出を受けてようやく採用となるのです。

ですので運が悪いと、保育士としてせっかく採用試験を受けたのに1年間どこの施設からもお呼びがかからなかったがために翌年もう一度試験をうけなくてはならなくなったというような事例もあるのです。

保育士という免許は更新の必要のない一生ものの資格ですが、採用による登録期限は1年と定められているのでそこにも注意が必要です。

保育士としての仕事はどの施設でもそう大きく変わるものではなく、預けられる子供たちの身の回りの世話をしたり、簡単なお遊戯やお絵かきなどを指導していきます。

子供が好きという気持ちとともに、しっかりとした基礎体力がある人が保育士という仕事には向いているといえるでしょう。

今後の展望

少子化とは言われていますが、実際には全国的に待機児童の問題があるなど保育に関わる現場はかなり厳しい状態におかれています。

従来ならば子供の健康と安全を確保するためという仕事であったはずの保育士も、現在では就学前の子供に適切な教育をするといったかなり難易度の高いことも求められてきています。

また数年前より保育園と幼稚園という組織区別をなくして一体的に扱おうとするような政策も提案しており、今後どういったタイミングで大変動が起こるかということも注目しなくてはいけない点です。

これまで保育士という仕事は「保母さん」と言われていたように女性が多い現場として扱われてきたのですが、ここ最近になって急に男性の保育士が増加する傾向が見られています。

保育士の業務には体力が必要になるものも多く、今後はそうした男手が保育士として加わっていくことで新しい保育方法ができるようになっていくのではないかと期待されます。

Comments are closed.