公務員の仕事って

努力の結果

わたしたちが知ってる公務員ちょっとだけ良いイメージはないですよね。きっと大変な道のりを頑張ってこられた方がとっても多いと思うのに、報道や記事になることは最悪なことばっかり。
それに最近では公務員としての問題点を改善しよとあらあゆる行政が思案してましたよね。それで実際に制度ができたわけなんですが。
でもこれらはほんの一部のことだと思っています。

実際には本当にたくさん数え切れないくらい、わたし達の想像ができないくらい頑張って入った世界だと思います。
なので甘い考えだけの公務員というイメージを持たれてることをみんなそれは違うんだと言いたいとおもいます。そして今回はそんな彼らの仕事っていったいどんなものがあるのかっていうのを少し書いてみました。
みなさんこんな言葉をきいたことはないでしょうか、一般行政職です。
これはそうですね、分りやすく言ってしまえば事務的な作業を全般に行う方のことです。

公務員の仕事内容

事務というのは司書などの専門の職業の方のことをいいます。
他に技術職の方もいらっしゃいますがこちらは先ほどの事務職とはまったく違っていて土木関係の方達をさしてます。また他にも10種類程度の職種があり、その仕事の範囲はかなり多岐にわたっているといえるでしょう。
そしてこれらの職業を目指すには試験に受かる必要がありあます。

中途採用もありますので、いつでもチャレンジできるのが魅力的ですね。
これらは特定の資格などがほぼいらないものが多いので、受講される方も多いです。
毎年ふえていってる傾向にありますね。倍率は高くなってしまいますが、頑張りましょう。

学校の仕事

school一般的によく聞く職種として学校があげられますね。
こちらも事務的作業にはなりあますが、とても人気の職種となっています。
学校にもよりますが、一般的にはその学校が必要としている仕事をもくもくとこなしていってもらうというものです。

例えば生徒が学校の行事に必要な書類が欲しいといったらその書類を作成したりもします。
それに学校の先生がいつでも集中して生徒と向き合っていけるようにサポートしたりもします。
そのように専念できる環境をつくってあげるのも仕事のひとつになってきます。
こちらは小中高のそれぞれの学校に配属されていきます。

そしてその学校にもよるとは思いますが、だいたいは少人数で作業をして仕事をこなしていくことになります。
一日で2人程度でお仕事をこなしていってもらうそうです。
それからこちらの業務で一番大切なのは人と接する機会がもっとも多いといえます。生徒のみなさんから教師のみなさま、そして生徒の保護者の方ともコミュニケーションをはかっていくようなものになりますから、事務的な作業だけではなく、人がすきという方でないと少し厳しいかもしれません。

各種対応をお願いされることになりますから臨機応変に行動をできる人であればるほどいいかもしれません。
わたしたちが普段何気なく行ってる手続きだったり、応対もほとんどが公務員だったりその役職の方たちだったりします。
そんなみなさんの努力と頑張りがあってこうしてスムーズな対応をしてもらっていることも忘れたくないですね。

Comments are closed.