地方公務員の種類

3種の公務員

bild景気に左右されずに安定しているという点などから、現在公務員という仕事は人気があります。
ただ公務員には3種類あるのをご存知でしょうか?
国際公務員、国家公務員、地方公務員の3種類です。

それぞれ働く場所、内容等が違っていますがやはり学生などからも人気があり注目されているのは、地方自治体に属している地方公務員でしょう。
ただこうして大きく3つに分ける事が出来る仕事ですが、それぞれ細かく種類が分かれています。

地方公務員

地方公務員の場合は一般職と特別職に分かれています。
一般職は正式には一般職地方公務員と呼ばれ、警察や消防、あとは公立校の教員等がこれにあたりますね。
それ以外にも市役所で働いていたりする人も当てはまっていて、調べてみると実に色々な仕事があるのが分かるでしょう。

採用に関しては毎年決まった時期に採用試験があるので、応募する必要があります。
筆記試験や面接等をパスすると採用されて公務員として働く事が出来るのですが、一度採用されると何かしらの問題を起こさない限り、定年まで働き続ける事が可能です。

特殊職

特別職と呼ばれるものは、正式には特別地方職公務員と呼ばれていて、都道府県知事・市町村長などがそれです。
また副知事とか副市長村長等もあてはまるのですが、これに関してはこの職に就く為の採用試験があるというわけではなく、人に選ばれる必要があります。

高校や大学を卒業しているというのが主な条件となっていますが、最終学歴やその仕事の種類によっては受験に関する年齢制限があるので、自分が地方公務員として仕事をしたいと思ったらその年齢制限についてはしっかりと調べておくようにしましょう。

また一派的に地方公務員はその地域での採用となる為、転居をする必要がある異動はありません。
その為、自宅から通える場所での仕事となります。
これは市役所などの職員だけでなく、警察官や消防官等も同じことがいえるのを知っておきましょう。
地方公務員として働きたい人はまず試験に合格する必要があります。

これに関しては大体の職で新卒と中途採用の両方があるので、学校を卒業してから企業等に勤めた人でも年齢制限に引っかかっていなければ大丈夫です。
ただ採用されたらすぐにその仕事に就く事が出来るというわけではなく、まずは学校に入る(例としては警察学校)ものもあるので、一言で地方公務員と言っても色々な種類、そして仕事内容があり条件等も変わってくる事を知っておきましょう。

Comments are closed.