公務員の試験

予習と復習

note試験の準備としてまず一番にみなさんがする事はなんでしょうか。
やっぱり過去の問題をチェックする事ですですよね。
過去にでた問題を勉強して復習そして予習をしていくうちに試験への対策ができてしまうのです。

この問題集は本屋さんでも気軽に手にすることができますよ。
さらに関係するサイトやホームページでも閲覧することができますので、気になる方や、まだ一度も見たことがなくてどんなものなのか知りたいという方はまずホームページやサイトをご覧になられるといいかもしれませんね。
そこらかこんな問題が出題されていたのかとリアルな想像ができていいかもしれません。

そして個人的に勉強されるときにはいったいどんなところを注意してみておけばいいのかも書いておきますので是非参考にしてみてください。
過去の問題そして今の日本の現状を振り返ってみても少子高齢というキーワードは絶対に外せないとおもいます。

このキーワード自体、すべての地区の方々に共通している大きな問題となっていますからかならず勉強しておいた方がいいと思います。
さらに財政の問題などもあります。
これらの問題に自分は関係ないからと思っていてはダメです。

自分は何をしたいのか

どんな公務員になろうと必ず問われてきます。
たとえば自分が実際採用されて、そこで働くとなったらどんな事ができますか、それからどんな事をしていきたいと思っていますか」などと問われるのです。
つまり即戦力になれるのかをみられるということですね。

どんな会社でも自分の会社の利益につながる即戦力がほしいと思うものです。
それが公務員でも同じなのです。
力をもっていれば持っているほどいいのです。

こういう問題は論文として自分の言葉で書いていくので、書き方なども勉強しておくといいでしょう。
ちょっとした工夫で他の人と差をつけれるのですから、色んな事を知っておいて絶対に損はありませんね。
さらにはサービスのことも課題としてあげられます。
いったいどんな事が公務員でサービスとして求められるのか、ピンとこないかもしれませんが、これはかなり重要な事なのです。

例えば地方にスポットを当ててみてください。
そこでは自治体が自分たちの魅力をアピールするために数々のサービスを行っているのです。
そのサービスにあらゆる工夫を重ねて重ねることで、わたしたちは満足するのです。
その満足度がとても大事になってきます。

魅力を作る

sunどれだけの若い人たちを引き込めるのか、そしてわたし達の町に足を運んでくれるのか、あわよくば住んでもらう所まで考えなければいけません。
そういう意気込みを伝えられるようにまずなりましょう。

もちろん意気込みだけじゃなにもならいので、具体的な事も考えて、自分ならこうするんだとか、自分だったらここを変えて行きたいと思うとか具体的な事をどんどん考えていきましょう。
自分の愛する地元をもっともっと活性させて愛される所にしようという熱心さが必要かもしれません。

そしてもっとも大事になってくると思いますが、今何が公務員にもとめられているのかをしっかりと把握することです。
どんなに言葉を取り繕っても求められていなければ意味がないのですから。

Comments are closed.