公務員試験のコツとうまい本選び

試験の出題範囲

note公務員試験の特徴はまず第一に非常に範囲が広範囲です。
多くの人が教養範囲の莫大さに圧倒され、試験勉強を始める前にあきらめてしま方が多いというのが事実でしょう。

また、試験を受けられる方の多くが、その為の予備校に行かれたり、講座、コースを履修し、試験に備えるというやり方が一般的になっています。ですが、それらは確かに有用な情報を多く学ぶことができるというのも事実ですが、ここで断言致します。公務員試験は独学で必ずクリアできるのです。

予備校の効率性

boad予備校に通うメリットとして、必要な箇所を無駄なく学ぶことができるということもあります。
ですが、それ以上に通ったから受かるかもしれない(通った以上は意味がある)と感じる自己満足の部分も大きいでしょう。
もちろん、周りもみな公務員を目指している人同士ということで競争意識が生まれ、さらに勉強をしようという気持ちに感化されるといったこともあるかもしれないですが、本当にやる気があれば一人でできます。
先ほども書いたかとは思うのですが、公務員試験の試験範囲はとにかく広いです。

膨大な情報を効率良くそして広く学ばなければいつまでたっても全体を学びきることはできません。
そこで私がお薦めするのは、大学センター試験対策の攻略本。
現在は多くの公務員試験対策の本も出ていて実際良本も多くあると思いましたが、個人的にはセンター試験対策の本の方がわかりやすいと感じました。
理由は、センター試験対策の本の方が公務員試験対策の本に比べたくさん出版されている分、内容が洗練され、広範囲の内容がよりわかりやすく書かれていると思うからです。

書かれている内容のほとんどは、中身は一緒です。
表紙がセンター試験対策となっているか、公務員試験対策となっているか、の違いに感じました。
もちろん勉強を始める前に、公務員試験対策の特徴を知っていることは大切ですが、その後は、是非センター試験対策の本を目に通して浅くて結構なので広い知識を効率的に学んでください。
かなり役立ちます。

英語対策の本

english次に多くの受験者が手を焼く英語試験の対策に役立つ本のご紹介を致します。

英語は初歩的なところから勉強をしはじめ、それなりの点をだすことのできるレベルになろうとすると相当の時間を要するのです。

とりあえず、英語が苦手な人はその時だけでも得点を出せればいいのです。
オススメは「新TOEIC TEST英文法スピードマスター」この本は、TOEIC対策の本ですが、とにかく英語苦手意識を持っている人でも内容がわかりやすい。

そして、TOEICで得点を短い期間でだせるだけの秘密がちりばめられています。
また、TOEIC対策がどのように公務員試験対策につながるというと、TOEICはかなり早い時間で問題を答えることが要求されます。
その方法をこの本を通じて得ることから、公務員試験でもかなりアドバンテージを持つことができることでしょう。

公務員試験の攻略方法はとにかく教科ごとの学ぶ方法を自分自身で確率していくことです。
どこかの予備校でコースを履修するより、安い値段で良書は本屋さんに溢れていますので是非あなたにあった本を見つけてみてください。

Comments are closed.