公務員のメリット

不況の中の安定

city不況の時代が到来してから人気のある職場といえば公務員です。
それまで好景気の頃は地味でそこまで給料も高く見えなかったので、あまり公務員という仕事は人気がありませんでした。

しかし、不景気になってから好景気のときに給料がたくさんもらえる会社が倒産したり、リストラ、賃金カットが行われるようになってから、そういったことが一切行われない公務員に人気が出ました。

公務員にはメリットが多いので、今も人気があります。
まずは、好景気であっても不景気であっても給料の変動がなく、安定していることです。
いいときにはたくさん給料がもらえても、あまり状況がよくないときにはカットされたり、リストラなどが行われるのは大変です。

それよりも給料も一定で、しかも公務員は年功序列なので、年を取るとともに給料が上がっていくのでその方が働いていても安心でしょう。
そういったところが一番の魅力です。
保険の制度も充実しています。

年金の保証

普通の会社員は国民保険と厚生年金に加入することができますが、その上に共済組合に加入することができるのです。
なので老後も3つの場所からお金が入ってくるため年金額も高くなります。
退職金も出るのでそれを合わせると、悠々と暮らせるくらいのお金が老後には手に入るのです。
この時代、老後にも不安を感じる方も多いので、公務員を目指す1つの要因にもなっているのではないでしょうか。
もちろん、災害などがあったときには第一線で働くので、休みがないこともありますが、だいたいは土日休みで、ゴールデンウィークやお正月なども休みです。

休日や祝日

sun暦どおり休めるのでプライベートのスケジュールも立てやすいでしょう。
何かアクシデントがない限りは市役所や県庁が休みなように、公務員関係の場所は休みになります。

警察や消防など毎日行っているところもありますが、事務系の公務員ならだいたいの方が休めるでしょう。そして、ボーナスも大きいです。

ボーナス

money年齢によっても違いはでますが、だいたい43歳くらいの方は平均で50万前後支給されます。
これも年功序列なので、年齢が上がると高くなっていきます。
最初の1年目は少なく感じても、10年後にはそこそこ自由に使える分もらうことができるでしょう。

転勤があるような公務員で働くと、全国各地周ることができるので、日本のいろいろな土地で暮らしながら働くこともできます。
部署も3年から5年ごとに変わるので、新鮮で働きやすいです。
公務員にはメリットがたくさんあります。

Comments are closed.