公務員のデメリット

収入の変化

money安定した収入を得る事が出来る、身分が保証される等から人気がある公務員の仕事ですが、メリットばかりではなく、勿論デメリットもあります。

では、公務員として働く上でのデメリットとは一体何でしょうか。企業で仕事をしている場合、頑張ると収入がアップする事があります。
しかし、残念ですが公務員は頑張ったとしても、それがすぐに給料に直結して高収入になるわけではありません。

確かに収入は良い仕事もありますが、現在高収入と言われているIT業界の人に比べると、仕事をしている時間の割には収入が少ない場合も結構あるのです。
また、良く公務員は高収入だと思われていますが、実情は少々違います。

確かに安定と言うのは折り紙つきですが、不況になれば給与カットとなる事は少なくありません。
また、企業の様に景気が良くなると給料がすぐにアップするわけではなく、下がったところからじわじわとアップして行くのが一般的です。
その為、周りの人が思っている程の収入は期待できない事もあります。

責任の捌け口

もう一つは、どうしても「公務員」というだけで文句を言われてしまうという事です。
その内容に対して自分は全く関係ない仕事をしているとしても、公務員と一括りにされてしまい、結局文句を言われてしまう可能性は否定できません。
勿論、自分がそれに関係している場合はある意味自業自得と言えますが、全く関係ないのに文句を言われてしまうのは、結構理不尽さを感じる事もあります。

責任の重大さ

darkそして、最も大きなデメリットと言えるのは、「良い事をしていて当たり前」だという事です。
勿論、社会人として最低限の事をしている必要はあります。

しかし、それは企業に勤める人も公務員同じ事です。
とは言っても、公務員の場合はしっかりと働いて当たり前、というのが大前提としてあるので、何かちょっとしたミスをするだけでもかなり叩かれる事が少なくありません。

また、事故等を起こしてしまった場合も、実は民間企業に勤めている人よりも大きく取り上げられてしまう事もあるのです。
結構新聞等を見てると、それが良く分かります。

このように、公務員は確かに安定している仕事なので人気がありますが、実はデメリットも様々抱えている仕事なのです。
従って、実際にその仕事に就きたい、その立場で働きたいと思う人は、このように扱われてしまう可能性があるという事を良く理解しておきましょう。
またこれは自分だけに起こりうる事ではなく、同じ公務員の立場になった人全員に起こりうる事です。

Comments are closed.