公務員の魅力

将来性

公務員の最大の魅力は安定した収入が保証され、決められた休暇を規則的にとることができることです。
公務員は法律で身分を保障されているため、リストラなどで解雇されることはありません。
また、会社の経営の悪化などで給料も下げられません。
その上平均の年収は700万程度と、民間の企業よりも高い給与水準となっています。
これは普通のサラリーマンが得る平均年収400万円の約2倍です。

地方公務員の場合は残業もないため、有給休暇もとても取りやすい環境が整っています。
育児休暇も取りやすく、育休切りやマタニティハラスメントといった目に遭うこともないため、女性にとっては特に公務員の魅力は大きいものとなっています。

国民の為に

とにかく人の役に立ちたいと常日頃から考えている人にも公務員は最適です。
公務員は国民または地域住民の暮らしの向上を支援する仕事、つまり社会貢献そのものを仕事にすることができますので、収入のことを気にすることなく思う存分社会貢献を行うことが可能です。
公務員は民間企業とは比較にならないほど多くの分野の仕事をすることになりますので、飽きることの少ない職業でもあります。

このため、誰もが自分の興味のある仕事を見つけやすいのです。
地方自治体の公務員は3年で配置転換をするのが一般的となっていますので、民間企業で働く場合のようにわざわざ転職をしなくとも数年ごとに嫌でも新しい職場に移ることになります。

気分転換

配置転換をすることで公務員は違う職場に転職した気分を味わうことができます。
従って公務員は世の中への好奇心が強い人にも向いている仕事であるともいえるでしょう。
地域づくりやまちづくりに一から参加できることもこの仕事の大きな魅力です。

大きな自治体になりますと国家予算並みの多額の資金を動かして道路や鉄道などのインフラの整備や、新たな病院や学校、福祉施設などの建設、港湾部の埋め立てなどの大規模な都市開発に実際に関わることができます。
こういった仕事は街を開発するパソコンゲームなどでは味わうことができない大きなやりがいのあるものです。
また、民間の大企業でもこのような大掛かりな地域の開発はできません。

民間企業では味わえないもう一つの公務員の魅力は、業績アップのノルマを達成する必要がないことです。
決められた期間内に業績を上げるために同僚同士で競い合う必要はないため、民間の企業よりも職場内の人間関係を円満にすることができます。
また、期限を区切って仕事をする必要性がそれほどないため、一つの仕事にじっくりと取り組むことも可能です。

Comments are closed.